クレジットカードの審査で大事なこと

私は5年ほど前にパソコンを購入してからは、ネットでお金を稼ぐことに夢中となっています。
最初の頃は、ポイントサイトに登録しまくっていました。
クレジットカードを作ると結構いいポイントを獲得できるとのことでいくつかのカード会社に申し込みました。
氏名や年齢などありとあらゆる個人情報を打ち込みました。
カード会社からのメールを読むと、「誠に申し訳ありませんが審査落ちとさせていただきます。」という言葉が並んでいました。
職業の欄にフリーランスと書き込んだのが審査に落ちた原因かもしれません。

クレジットカードは便利なので所持しておくと重宝しますが、いざ新しく作ろうとするときに意外に審査が厳しく作ることができなかったという人も少なからずいると思います。
通常の会社員で勤続年数が長ければまず審査に通らないということはないと思います。
しかし、信用情報などからクレジットカードの審査が通らないこともよくあります。
これまでの支払い履歴があまりよくなかったりすると現在、定職についていたとしても審査が通らず厳しいと感じることもあるでしょう。
自営業の方や専業主婦の方など収入のない方や不安定な方はクレジットカードを躊躇する方もいるかと思います。

主婦や学生でも問題なくクレジットカードを発行できる、審査の甘いクレジットカードはけっこうあるものです。
出典:審査が甘いクレジットカード

学生のクレジットカードなどが意外に簡単に作れることもあって社会人になってからのほうが何らかの理由で審査が通らないときもクレジットカードの審査は厳しいと実感するかもしれません。
そしてその審査基準がクレジットカード会社やカードの種類によって基準が違う点と審査に落ちた理由を教えてくれないので厳しいと感じる原因でもあるといえます。
ただはっきりしていることは安定的、継続的な収入、勤続年数、住居年数、他社の借入、支払い事故の有無で判断されます。

普通に働いている方きちんと支払いをしている方ならば、審査に落ちてしまうという可能性は低いと思います。
あるタレントさんのブログに「クレジットカードの審査に落ちた。」というタイトルがありました。
そのタレントさんは、日本国内で知らない人がいないというぐらい有名な人なのですが、審査に落ちてしまったんだなあと不思議な気持ちになりました。
タレントさんはいくら有名でも自営業の方と同じで収入が安定しないからと判断されてしまうんですかね?
クレジットカードの審査は、緩いところと厳しいところがあります。
銀行のクレジットは審査が厳しいですが、消費者金融などの流通系のクレジットは比較的に審査に通りやすいようです。
一番は自分が魅力に思うクレジットに申し込むのが一番かと思います。
いくらクレジットカードが欲しいからと何社も同時に申し込むと申し込みブラックで審査に落ちやすくなるので注意です。

クレジットカードを持つことはステータスだと思います。

私は過去にクレジットカードの審査に落ちた事があります。
今は就職も決まり落ち着いてきたのでクレジットカードを申し込んでみました。
嬉しいことに審査に通過出来ました。

いまは主に大手銀行系のプラチナを利用しています。
過去に審査に落ちていたのでクレジットカードをつくるのにはちょっと勇気が必要でしたが、それ以上に多く助けてもらった思い出があります。
クレジットカードにより、キャッシュ・フローを一時的に良くしたり、手持ちの現金が無い時、銀行ATMでキャッシュカードが使えなかった時など、非常に便利だと思っています。
ポイントは、半年に一度、商品券等に交換し、ちょっとしたお小遣いとして利用したりしています。

そして、社会人となった今では、現金はあまり持ち歩かず、カード決済をメインに暮らしています。
女の子は飲み会やデートの時にチラっと出すカードをチェックしているようでして、その色や銘柄によって態度が少し変わったりします。
普段見せないけど、さりげないオシャレ・ステータス。
これは服で言うと裏地に相当するものだと思います。

現在はプラチナで、カードの色は黒なのですが、もう少し稼げるようになれば相応のカードを持ってみたいと思っています。個人的にはJCBのTHE CLASSやダイナースがカッコイイなと思っています。ちょっと大人なイメージで、堅実な印象があります。

ビジネスマンのクレジットカードは会社用と私用の2枚に集約

ビジネスマンにとっては出張は付きものです。
この出張旅費は自分で一旦払い、出張後にその費用を生産するのが一般的で、出張が多いと現金で新幹線代や航空機のチケット代やホテル代を支払うと馬鹿にならない額になる事があり、非常に大変です。
そんな時には、一般的には立て替え払い清算が終わった頃に銀行口座から引き落とされる事になるクレジットカードは必須です。

ポイントを貯めると言った視点ではなく、自分で現金の用意をする必要がない点からビジネスマンにとって、クレジットカードは非常にありがたいものなのです。
航空機をよく利用する人なら、この会社関連の立て替え払いに活用するクレジットカードは年会費を支払ってもゴールドカードにする方が良いでしょう。
搭乗までの時間を、ゴールドカードがあればラウンジで過ごす事が出来、忙しい出張に一時のやすらぎを得る事が出来、年会費などすぐに元が取れるので、お勧めです。

先に述べた会社の立て替え払い用のクレジットカードと、もう1枚私用で使うクレジットカードを作り、できるだけこの2枚に集約し、さらに家電量販店などのポイント還元のためのカードをサブで1枚あれば十分でしょう。
クレジットカードの引き落とし口座も会社用と私用のカードで分ければ更にきっちりとクレジットでの支払いなど、お金の出入りを管理しやすいため、お勧めです。
クレジットカードは非常に便利なものですが、使い過ぎにならぬようこうした配慮は必要だと思いますネ。

クレジットカードでポイントを貯める!

世の中たくさんのクレジットカードがありますが、どれを選んでいいのか悩んでしまいますよね。
その中でいちばん身近に感じられるのが、クレジットカードを使うことで得られるポイントの還元率です。
クレジットカードで購入すると、後日その金額に応じて商品引き換えや買い物等が出来るポイントシステムが一般的ではないでしょうか?

しかし一口にポイントシステムと言っても、さまざまなものがあります。
たとえば特定のネットショップや、実際のお店でポイントがぐんと上がるものや、季節ごとのキャンペーンでポイントが獲得しやすくなるなど、色々なポイント獲得アップ方法があります。

自分がどのポイント付きクレジットカードを持つか?
それは自分がどんな用途でクレジットカードをしようするか、が重要です。
そこからあなたにとって、どのクレジットカードがポイントが獲得しやすいかを見極めることが、お得にクレジットカードを使用する手段の一つでもあるのです。

昔とは違うクレジットカードのサービス

10年以上前と比べると、ずいぶんクレジットカードは変わってきているなあと思います。
お店でカードを出して決済ができるという面はずっと変わりませんが、その他の部分はかなり時代と共に変化しているのでしょう。

具体的には、クレジットカードの種類がとても多くなりました。
同じ会社からキャラクターものや特定の会社と一緒になったカードがとても増えています。
利用する方は自分の趣味によってデザインや付帯するサービスをたくさんの中から検討して、申し込むことができるので非常によくなったと思います。

それから年会費が無料のクレジットカードもかなり増えてきています。
サービスの違いはあるにせよ、やはり年会費無料はかなり魅力的です。
買い物をしていないのに毎年年会費が引き落とされるのはずっと嫌だなあ、と思っていました。
これもカード会社同士のサービス競争が行われてきたからなのでしょう。
それからインターネット上で申し込める手軽さも利用者には非常に嬉しいです。

意外に通りにくいのが、クレジットカードの審査です。

皆さんもご存知のように、クレジットカードは大変便利なものです。
なので皆がクレジットカードを作ろうとするのですが、このクレジットカード、実は意外に審査が厳しいのです。

「ネット上では簡単に審査が通ると聞くけど」と思われる方もいらっしゃるでしょうが、そうではありません。
確かに属性がよければ簡単に通ることもあるでしょうが、属性が悪いと審査がなかなか通らないのが、クレジットカードの世界なのです。

ちなみにこの属性とは、その人が持つ性質(情報)のことを言います。
例えばその人が正社員で持ち家があれば属性がいいという事になりますし、非正社員で賃貸住宅に住んでると、属性が悪いという事になります。
他にも勤務年数など色々と属性に関する情報があります。
そういった属性が悪いと、なかなかクレジットカードの審査に通ることが出来ません。
だからといって大量にクレジットカードに申し込んで、下手な鉄砲数撃ちゃ当たる戦術を取ると、よけい属性が悪くなります。
なので、属性の悪い人は、審査に落ちて当たり前くらいの心を持ってこつこつとクレジットカードに申し込むのが望ましいです。
クレジットカードの世界も、急がば回れなのです。